ここでは、様々な質問にお答えしておきます。

通常、3年以上かかると言われていますが、青帯取得がなぜ1年で可能なのですか?

答え:まず、最短で1年とお考え下さい。というのも、3か月ごとに審査を受け、クリアし続けることが条件です。理由として以下の三つを挙げます。

①審査をクリアするために集中力を総動員するため

つまり、審査という具体的な課題取り組むため、集中力が働きます。すると学習能力が上がり、短期的な技術の習得が可能になります。

②指導者が弱点や長所を分析して、サポートしていくため

イメージとしては、パーソナルトレーナーを連想してください。パーソナルトレーナーは人る一人の特徴に合った指導をしていきます。それと同様に、柔術においても細かく分析して、サポートしていくため、強くなるスピードが高まります。

③青帯レベルに滑り込むことを目標としているため

最低限の実力を持って、青帯の下部に滑り込むことを目標としているため、早く青帯になれます。フラシボ効果とその後の本人の取り組み次第で、取得後はおのずと平均的なレベルになることを狙いとしています。

正直言って、きついですか?楽ですか?

答え:楽ではありません。テストに追われるような感覚になるでしょう。

青帯に受かっても通えますか?

もちろん、通えます。青帯以上の技術も同時にレッスンしていますので、継続していただきたいというのが本音です。

なお、当スクールでは、最高で茶帯まで認定可能です。

青帯審査に落ちること、なれないことはありますか?

1年でなるのが目標ですが、大学と同じようにテスト審査に落ちたときなるです。

具体的に1年で青帯になれないパターンは主に以下のとおりです。

①3か月ごとの審査に合格できない場合

②試合等で戦績が基準を満たさなかった場合

青帯に落ちたとき、返金はできますか?

契約により、返金はできません。青帯取得コース在籍1年以内であれば、手数料をお支払いいただき、単発コースで変更いただくことが可能です。

青帯に落ちたら、どうすればいいですか?

まず9か月目くらいに落ちそうだなと判断された場合、具体的に本人と話し合いながら、落ちないように進めておきます。

それでも落ちた場合、延長または、単発コースで、通うことができますので、再チャレンジしていただければ幸いです。